ゆずぶろ!!

思ったことと好きなこと書く雑記です

ルパン三世 TVスペシャル 迷った時に見て欲しい面白いランキング

 

はいどうも~ゆずで~す

学校を卒業して旅行に行ったり飲み歩いてたりしてたら最初の記事から3週間ほど経ってしまいました申し訳ねー!

 

その間何書こうか迷っていて特に書く事もね~な~とか思っていたのですが、その時(3/6)から1日1本歴代のルパン三世TVスペシャルを見てた訳なんですよ。

 

と、言うのもこのルパン三世TVシリーズが3/6時点でもう最終回目前という訳だったので昔のルパンを振り返りつつ最終回を楽しもうと思った次第なんですな。

lupin-new-season.jp

 

ストーリーのあらすじと僕のちょっとした感想添えて発表していきます

前置き長くてもあれなんで早速ランキング行きましょう。

※あくまで僕個人が面白いと思ったランキングです。

※画像はAmazonリンクです

 

 

 

 

第10位 ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え

   ナポレオンの辞書を奪え ― ルパン三世 TVスペシャル第3弾 [DVD]

 

ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え』(ルパンさんせい ナポレオンのじしょをうばえ)は、モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』のTVスペシャルシリーズ第3作。1991年8月9日日本テレビ系の『金曜ロードショー』にて放送された。

 

ニューヨークのプラザホテルにG7の各国首脳が集まり、先の湾岸戦争によって崩壊した経済の立て直しを図るべく会議を始める。

時同じ頃、ニューヨーク近代美術館ルパン三世からの犯行予告が届き、

近代美術館にはルパンが現れ、銭形警部たちとのオニゴッコが始まり、ルパンは1908年製のクラシックカーパッカード」を盗んで近代美術館を後にする。

ルパンは、そのパッカードを利用してマルチンベック財団の主催するマドリードパリ間のクラシックカーレースに参戦すると言いだす。そのレースの優勝者への賞品とは「ナポレオンの辞書」。ナポレオンの辞書は、あの有名なナポレオンが所有していた辞書であったが、ナポレオン3世の時代に盗まれたという。そして、その辞書にはルパン帝国の財宝の在り処が記されていると言う・・・

果たしてルパン帝国の財宝とは?そしてルパンたちの運命は…。

 

91年に放送された初代声優の山田ルパン!

今では栗田貫一さんのイメージが強いですが、ルパンはやっぱり山田康雄さんって感じ!!

 

OPが大好きなルパン三世のテーマ'89(THEME FROM LUPIN III '89)でこれかかるとすっげぇテンションあがるし、これかかる奴大体外れないというジンクス

www.youtube.com

 

 

宝探し件ドンパチやる感じでコメディ要素もあって見ててだれないかなぁと思います。

そしてとっつぁんのキスシーンが見れます。

 

どんどんいきまーす!

 

第9位 ルパン三世 ワルサーP38

ワルサーP-38 ― ルパン三世 TVスペシャル第9弾 [DVD]

 

ルパン三世 ワルサーP38』(ルパンさんせい ワルサーピーさんじゅうはち)は、モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』のTVスペシャルシリーズ第9作。1997年8月1日日本テレビ系の金曜ロードショーで放送された

ルパンの名を利用した偽の犯行予告状の差出人を確かめるべく、偽の予告通りに某国副大統領の誕生パーティーに潜入したルパン。
銭形警部率いる警官隊と大捕り物を繰り広げる最中、会場に乱入した謎の暗殺集団「タランチュラ」によって主催者であった副大統領が暗殺されてしまう。混乱の中、ルパンを追いつめた銭形であったが、直後にルパンの眼前で凶弾に倒れる。そしてルパンは、銭形を撃った銃がかつて自身が愛用した忘れ形見のシルバーメタリックのワルサーP38であることを知る。
真相を確かめるべく、ルパン達はタランチュラへの決死の潜入を開始する。

 

 ここからはお馴染み2代目ルパン栗田貫一さんルパン。

最初はモノマネしてただけらしいですね。

 

 

はいそして今作の要と言っていいルパンの持ってる銃ワルサーP38は実は2代目だったって事知ってました!?

 

そんなの知らねーよなぁ!?

 

 

僕自身もこれで知りましたからね。

初代のがシルバーで柄があるワルサーで今も使ってる2代目ワルサーが皆さんご存知のブラックのワルサーなんですって。

 

タイトル通りワルサーが最初から最後まで関係ある内容でルパンの過去もちょっぴり知れるかも!?

絵柄がキリっとしててルパンぽくないカッコイイルパン。

 

貴様だけは容赦しねぇ。

ワルサーは2丁もいらねぇんだ‼

 

個人的にこういうシリアスルパンも結構好きです。

 

 

第8位 ルパン三世 ルパン暗殺指令

ルパン暗殺指令 ― ルパン三世 TVスペシャル第5弾 [DVD]

 

ルパン三世 ルパン暗殺指令』(ルパンさんせい ルパンあんさつしれい)は、モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』のTVスペシャルシリーズ第5作。1993年7月23日日本テレビ系の金曜ロードショーにて放送された。

 

ある夜、ルパンと次元はヘマをやらかしてしまい、警官隊に追われてアジトのある建物に逃げ込む。パトカーに建物を取り囲まれ、外の様子をうかがっていた2人であったが、後からやってきた銭形警部の指示でパトカーはすべて退却する。さらに銭形は単身ビル内に乗り込んでくる。
銭形の行動に不信感を抱いていた2人であったが、銭形は懐から酒のビンを取り出し「一緒に飲まないか?」と酒を勧めてくる。理由を聞くルパンに対して、銭形は1枚の紙を手渡した。ルパンがその紙の内容に目を通すと、
「銭形警部、貴君を7月23日正午をもって、ルパン三世の専従捜査から解任する」
というものであった。つまり、銭形をルパン三世専従捜査官から解任するというICPOからの通達だったのだ。
さらに銭形は、後任の捜査官には傭兵あがりのキース・ヘイドンが着任したことも伝える。ICPOがキースに出した指令は、「逮捕というのは建て前、生死は問わない」、つまり事実上はルパン三世暗殺指令だったのである。

ルパンと次元は銭形の持っていた令状の続きに、
「武器密売組織『ショット・シェル』の壊滅捜査を命ずる」
という内容を見つけ、銭形のためにショット・シェルを壊滅させると同時に、組織の資金もごっそりいただくことを計画した。

 

この作品は次元がすごくかっこよく見えるから次元好きにはたまらない映画!

次元てサバサバしてる割にはかなり義理人情に熱くてルパンファミリーの中ではかなりの常識人でハードボイルドを持ち合わせたかっけぇ男なんだよなぁ・・・

ハードボイルド(英語:hardboiled)は、感傷や恐怖などの感情に流されない、冷酷非情、精神的肉体的に強靭、妥協しないなどの人間の性格を表す言葉である。 文芸用語としては、暴力的・反道徳的な内容を、批判を加えず、客観的で簡潔な描写で記述する手法・文体をいい、アーネスト・ヘミングウェイの作風などを指す。
 
 

多分4ぬまでにハードボイルドなんて言葉は使わないと思うからこの作品でハードボイルド味わって行け!?

 

シリアスルパンだけど面白い おすすめです。

 

 

 

 

 

 

第7位 ルパン三世 アルカトラズコネクション

ルパン三世 アルカトラズコネクション [DVD]

 

ルパン三世 アルカトラズコネクション』(ルパンさんせい アルカトラズコネクション)は、モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』のTVスペシャルシリーズ第13作。2001年8月3日日本テレビ系の『金曜特別ロードショー』にて放送された。

 

サンフランシスコ沖に浮かぶ違法カジノ船「マシンガン・ケリー号」から金を奪おうと、船に乗り込んだルパン・次元・不二子・五ェ門の4人であったが、ルパンからの予告状を見て現れた銭形警部の活躍によって計画は失敗してしまう。しかし、ルパンの真の狙いはカジノ船の金ではなく、船が調査している海底の地形データであり、ルパンはそちらを盗む事には見事成功していた。


ルパンは、そのデータを基にサンフランシスコ沖に眠る沈没船「ヤンキー・スレード号」に積み込まれていた金塊を手に入れようとしていたが、カジノ船の持ち主である秘密結社「シークレットセブン」に誘拐されてしまう。しかし、きっちりと地形データの入ったチップは3人の元へ残して行った事から、不二子はいつもの如くルパンをそっちのけで金塊の探索を開始するが、なぜか今回に限って五ェ門までもがルパンをそっちのけにする。実は五ェ門は、スーザンというモデルに恋をしていたのだ。


シークレットセブンが拠点にしている、かつてアル・カポネマシンガン・ケリーといった大物を収監していたアルカトラズ島に連行されてしまったルパンは、地下の拷問所で拷問好きの黄(ホワン)と、次元と因縁のあるハイエナにチップのありかを聞き出されそうになるが、そこに現れた次元の力を借りて黄(ホワン)を倒しハイエナを退け、アルカトラズ島を脱出した。その後、ルパンはシークレットセブンのメンバーやその秘密を次々と明らかにしていくが、銭形やシークレットセブンのみではなく、謎の黒服の男達の襲撃を受ける事にもなる。


果たしてシークレットセブンの本当の目的とは何なのか?そしてシークレットセブンとアルカトラズ、そしてかつて暗殺されたアメリカ大統領ジョン・F・ケネディの間にあり、闇の中に葬られてしまった驚くべき真実とは…?

 

ようやく来た2000年ルパン。

ここから絵柄が今っぽくなってきますね。

今っぽいって意味わかんねぇけどな!?

 

はい 今作はケネディ暗殺に絡んだお話。

感想は特にあれが凄かった~とかはないけど全体的に安定してて普通に面白い話ですね。

五エ門がモデルのマネージャーになってたのは笑えた。

 

 

 

第6位 ルパン三世 ハリマオの財宝を追え!!

ハリマオの財宝を追え!! ― ルパン三世 TVスペシャル第7弾 [DVD]

 

ルパン三世 ハリマオの財宝を追え!!』(ルパンさんせい ハリマオのざいほうをおえ!!)は、モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』のTVスペシャルシリーズ第7作。1995年8月4日日本テレビ系の金曜ロードショーで放送された。

 

第二次世界大戦中、マレー半島を舞台に暴れまくった強盗団のボス、ハリマオが残した時価800億ドルともいわれている財宝。その財宝のありかは、熊・鷹・猿の三体の像に隠されている。そこでルパンはアラスカの美術館に保管されている熊の像を盗み出し、次元にバイト(時給980円)として雇われた五ェ門も連れて、鷹の像があるアムステルダムへと向かった。だが、その財宝を狙う人物がもう1人いた。


元イギリス情報部の諜報部員で、あの007のモデルにもなったイギリス貴族のアーチャー卿である。アーチャーはユーロトンネルの爆発落盤事故によってロイド保険に70億ドル以上の負債を抱えていた。そこで、その返済のためにハリマオの財宝をあてようと考えたのだ。


早速アーチャーの孫娘である考古学助教授のダイアナは、ルパンより先に鷹の像を盗み出すことに成功。ルパンはアーチャーとダイアナを追いかけるが、そこへカルト軍団ネオ・ヒムラーゲーリングが操縦する武装ヘリが現れて鷹の像を奪われ、さらにダイアナまでもが人質として連れ去られてしまう。ルパンはダイアナを助け、鷹の像も奪い返してアーチャーと手を組むことにする。アーチャーの手引きによって、ついに最後の猿の像をタイで手に入れた。


一方、ロイド保険の顧問弁護士であるラッセルの様子を探っていた不二子は、ラッセルの真の正体を知ることになる。実は彼はネオナチを操る総統で、ハリマオの財宝を探させるためにアーチャーに負債を負わせた犯人だったのである。それを見た不二子はラッセルと手を組んで、ルパンらと対立する。


三体の像を手に入れたルパン・次元とアーチャー・ダイアナは、財宝が眠っているニコバル諸島付近の海底神殿へと向かう。それを知ったラッセル・不二子も五ェ門を用心棒として雇い、財宝を奪うべくネオ・ヒムラーを率いてルパンのもとへやって来る。

 

この作品はTHE ルパンって感じのルパンですね。

時給980円で雇われた五エ門(以下バイトくん)

今作はバイトくんすごい喋ります。

バイトくんが時給アップ交渉したりとかねこう、ルパンファミリーらしいノリがあっていいですねこういうのがルパン三世っぽくてすごく好き。

 

五エ門好きな方いいんじゃないでしょうか。

 

ニヤニヤできるそんな作品。

 

 

前半戦おわり!!

ここからは本当にぜ~んぶ面白くてランキング付けるのすごい迷ったしどれもめちゃくちゃ面白くて何度も見てしまう作品ばかりでランキングを付けるのが難しい!!

 

はい後半戦!!

 

第5位 ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎

ヘミングウェイ・ペーパーの謎 ― ルパン三世 TVスペシャル第2弾 [DVD]

 

ルパンファンの皆様5位にしてごめんなさい;;

これ5位!?

はぁ!? ってなるのわかってます。

わかってるけども5位!!

 

 

ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎』(ルパンさんせい ヘミングウェイ・ペーパーのなぞ)は、モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』のTVスペシャルシリーズ第2作。1990年7月20日日本テレビ系の『金曜ロードショー』にて放送された。

この泥棒業界、折に触れて語り続けられている有名な謎…それがヘミングウェイ・ペーパーであった。

アメリカ小説界の巨匠、アーネスト・ミラー・ヘミングウェイは、最後の冒険で膨大な財宝を発見し、それを小説に書こうとしたが、製作途中に自殺に見せかけて殺害され、原稿も持ち去られた…という噂がある。しかし、それを事実と証明する根拠は何処にも無かった。

情報屋から地中海の「コルカカ島」に、ヘミングウェイ・ペーパーの隠された「パンドラの箱」がある事を聞き出したルパンは、ヘミングウェイの発見したとされる財宝を得るべく、パンドラの箱を開ける「黄金の鍵」を所有するドイツの没落貴族の元へと向かう。だが、ルパンより先に動いた者がいた。「地中海」と恐れられる死の商人マルセスの私設傭兵部隊のリーダーであるクレイジー・マッシュが、貴族を殺害して黄金の鍵を奪ったのだ。マッシュはかつて次元と組んで仕事をしたが、これを裏切り全滅させて、お宝を独り占めしたという過去があり、その生き残りである次元は復讐の機会をうかがっていた。

そんなわけで、やむなくパンドラの箱から手に入れることにしたルパンは、一足先にコルカカ島へと乗り込む。奇しくもマッシュを追って島へ出向きコンサノ軍の用心棒になっている次元、斬鉄剣でも斬れないパンドラの箱を求めて島へ出向きカルロス大統領軍の用心棒になっている五ェ門の2人が島に居合わせた。これで頭数は揃った…と思いきや、次元は仇討ち、五ェ門は修行とそれぞれの事情でコンサノ・カルロス両軍に分かれた2人はウンとは言わない。

マッシュに奪わせた鍵をジュネーブスイス銀行の貸金庫に保管したマルセスは、最新鋭戦車を手土産に、カルロス大統領軍とコンサノ軍が政権を争って内戦の続くコルカカ島へと乗り込む。マルセスは、政権を握るカルロス大統領が秘蔵する古美術品の権利を得ようとコンサノに持ちかけるが、実はマルセスの狙いもヘミングウェイの財宝だったのだ。

一方、新興勢力同士の戦場と化した島で、たった1人で酒場の経営をしている女性マリアは、財宝目当てにこの島を踏みにじった山師たちへの怒りをルパンに語る。彼女の正体は、カルロスとコンサノに反抗していたレジスタンス組織「サソリ」のリーダーの妹だったのだ。ルパンは、マルセスの秘書としてやってきていた不二子と組み、箱と鍵をイタダキにかかる。その過程でドジを踏んだ次元・五ェ門も助け、ヘミングウェイ・ペーパーの示す島の南側にある、通称「死の谷」へと向かった。一行が目のあたりにしたヘミングウェイの財宝とは何なのか?

 

この作品のいいところは最初はルパンだけなんだけど、後々最初敵の用心棒同士だった次元や五エ門の利害関係が一致して共に行動して謎を解きながら最終目的のヘミングウェイ・ペーパーにたどり着くっていう最初から最後まですっげぇ面白くて悪いとこなくて、食べ物で言う

 

まずい要素なし!!うまい要素しかねぇ!!!!

 

っていう作品なんだよね。

 

じゃなんで5位なんだよ!!

ってなるんだけどな~んだろ~

 

面白いよ!すっげぇ面白いと思う!

面白いんだけど、次紹介する作品の方が自分好みだったってだけでしゅ;;

 

 

はい次 

 

第4位 ルパン三世 1$マネーウォーズ

1$(ワンダラー)マネーウォーズ ― ルパン三世 TVスペシャル第12弾 [DVD]

 

1カラットもない安物の指輪、マルケスの記念指輪がニューヨークのオークション会場に出品された。呆れ返る衆人をよそに、一人の紳士が百万ドルの値を付けるが、1$差でバンク・オブ・ワールド頭取のシンシアに競り負けてしまう。 そこへ銭形警部が現れた。 シンシアと競り合っていた紳士の正体はルパンだったのだ。 ルパンは指輪を奪い逃走しようとするが、シンシアの部下ナビコフに奪われてしまう。


指輪には、持っているだけで世界の王になれるというブローチの所在を示す秘密が隠されていて、シンシアもそのブローチを狙っていたのだ。 ルパンと次元は、宗教にのめり込む五ェ門と共にバンク・オブ・ワールドに忍び込んだ。途中次元がマグナムを紛失し、やむなくルパンのワルサーを借りるというトラブルがあったものの、ハイテク機器で固められた金庫室に、煙幕などのローテクを駆使して対抗し、見事指輪を取り返した。


その後、やはり相性の悪かった次元はワルサーをルパンに返却。そして銭形をまき、ナビコフの包囲もヘリでくぐり抜けるが、一瞬をついてナビコフの銃弾がルパンの胸を貫いた。ヘリから落下したルパンの死を確認し、指輪を再び奪ってナビコフは去って行く。

はたしてルパンは生きているのか?

 

これすんげぇ好き!

 

まず見所さん。

次元がマグナム落としてルパンのワルサー使う。やっぱり返す。

五エ門が変な宗教に引っかかってる。

ルパンが敵ヒロインにキス。そして4ぬ。

 

えーこの作品は僕の好きな、潜入、ヘマやらかす、コミカル、アダルティーがすべて入った大人なルパン?って言うのかな。

 

特に悪役のヒロイン「シンシア」の複雑な感情は丁寧に掘り下げられていてルパンは敵なのに

 

悔しいビクンビクン!!

 

みたいなそんな複雑な心情も見れてストーリーとしてもよく出来てるし僕個人はかなり好きです。

 

 

 

1$ってのもバカにならねぇだろ?

 

 

はいオススメです。

 

 

第3位 ルパン三世 お宝返却大作戦!!

「ルパン三世 お宝返却大作戦!!」オリジナルサウンドトラック

 

 

ルパン三世 お宝返却大作戦!!』(ルパンさんせい おたからへんきゃくだいさくせん!!)は、モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』のTVスペシャルシリーズ第15作。2003年8月1日日本テレビ系の『金曜特別ロードショー』にて放送された。

ルパンと次元がマフィアのイワン・クロコビッチ(通称、ラッツ)が経営するカジノから現金を盗む。その半分を飛行機に使うが、ルパンの無理な操作で飛行機はスコットランドに墜落。墜落先の教会ではルパンの旧友マーク・ウィリアムズの葬儀が行われていた。


その夜ルパンと次元はマークの盗品保管庫に行き、ロシアのツングスカに墜落したUFOのカケラトリックダイヤを盗もうとした。しかしそこにトリックダイヤは無く、銭形警部に捕まってしまう。しかし不二子のおかげで見事に逃亡。


ルパンたちは教会の地下に行き、トリックダイヤを手に入れるには、マークが以前に盗んだ芸術作品(それらはローマの真実の口や、ヨーロッパで初めてコーヒーを出した店のコーヒーメーカー、007の撮影に使われたヴェネチアのゴンドラなど歴史的な事柄に纏わるものだが、傍から見ると下らない代物ばかり)6つをルパンたちが元の場所に七日以内に返却しなくてはならない事を知る。返却した証拠写真を送信機付きカメラに収めながら返却していく。


一方、チベットを訪れていた五ェ門の前にラッツと共にいた女が現れ、五ェ門の恩人三人を殺害し逃亡した。また不二子は、ラッツとの食事中にトリックダイヤの真実を聞かされる。トリックダイヤは特殊なカットを施されており、光を完全に吸収し内部で反射し続ける(黒体)というのだ。
多くの謎を解き明かし、ついに三者はスペインの名彫刻家ガウディにたどり着く。不二子と合流し、トリックダイヤを手にし、マークの姪のアニタと共に未だに建設の続くガウディの教会サグラダ・ファミリアにやってきたルパンファミリー。そしてトリックダイヤによって現れる宝を狙い、ラッツ率いるマフィアたちもやってきた。


紆余曲折の末に明かされたトリックダイヤの正体は、サグラダ・ファミリアの外観設計図をホログラムで表示する機構の記録媒体であった。朝日が装置に当たっている時にだけ作動する(故に作動できる日時が限定される)それを見て、一行はその時に自分たちが生きているかわからない未完の教会の完成を思いはせていた。

 

これはリアルタイムで見たことありますね。

 

ルパンの親友でありライバルだった泥棒仲間のマークが寿命で他界。

そのマークからの遺言で「今まで俺が盗った物元あるとこに返してきてくれ~ 返したら俺の宝やるよ~」

って何様なんだお前!?

 

というかルパンは何歳なんだ?

 

突っ込みどころ満載な話。

この作品すごいテンポ良くてスイス~イって話が進んでいくから見てて飽きない。

 

マークの孫娘のアニタが可愛すぎるのでそれだけでも見る価値あり!

不二子が久々に役に立つ。

 

そして次元はいつもいいとこに来る。

 

 

ルパン「あいつはクライマックスをのがさねぇ。」

 

もう5回くらい見たいですね。

 

 

 

 

第2位 ルパン三世 バイバイ・リバティー・危機一発!

バイバイ・リバティー・危機一発! ― ルパン三世 TVスペシャル第1弾 [DVD]

 

ルパン三世 バイバイ・リバティー・危機一発!』(ルパンさんせい バイバイ・リバティー・ききいっぱつ!)は、モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』のTVスペシャルシリーズ第1作。1989年4月1日日本テレビ系の『土曜スーパースペシャル』にて放送された。

20世紀末、この世はコンピュータによる高度情報化時代の真っただ中。「広域Aランク犯罪者記号・P26号」、これこそが世界的な怪盗「ルパン三世」の全世界の警察に収蔵されている犯罪記録データの通称である。ある夜、パリ市警本部を訪れた銭形警部は、このデータをパリ市警職員の制止を振り切って、やや強引に借りていく。だが、エレベーターに乗り込んだ銭形を待っていたのは、もう1人の銭形だった。なんと、データを借りてきた銭形は変装したルパンだったのだ。

ルパンは、世界中の警察にインプットされてしまった自分達のデータを盗むべく奮闘していたが、全てのデータを盗み終えるまでにあと50年はかかると推測。仕事がやりづらいことと、ジュディという女に惚れたのを理由に、ルパンは新しい仕事を持ち込んできた相棒、次元大介に泥棒引退を宣言する。次元の持ち込んだ仕事とは、彼の旧友ルースターが自由の女神に隠したという世界最大のダイヤモンドスーパーエッグ」を取り出すという大仕事だった。

次元がルースターと2人でスーパーエッグを取り出そうと計画を練っているところへ、引退宣言をしたはずのルパンが現れる。

 

なんと、ルパンは自分の所有しているクレジットカードをジュディに自由に使わせていたのだが、ジュディは他の男の許へ去ってしまい、クレジットカードに残された借金3億ドルだけが手元に残ってしまったのだと次元に泣き付いてくる。

 

ルパン三世TVスペシャル記念すべき第一作目。

1位と2位すごく迷った作品なんですよね~

ホントはこれ1位にしたいというかほぼ同列なんだよなぁ・・・

 

 

はい この作品1作目ですが、歴代の中でストーリーもかなりレベル高いです。

内容は、ほぼネタバレになっちゃうから言えないけど、一言で言うなら

 

 

破天荒 

 

これが一番しっくり来ると思う。

 

 

なんていうかルパンらしいルパンなのかなぁと

泥棒稼業を引退しようとしたけど彼女にクレジットカードを使いに使われて3億の借金だけが残り老後の人生が不安だからまた泥棒やる。

 

そしてこの作品涙ちょろりの場面も;;

 

 

御託はいらねぇ!!

 

見ろ!!!

 

 

 

 

 

 

というわけでここまで来ましたね~

まぁ次は同列1位だからもう好みって感じなんだけどね

 

 

はい最後!!

 

 

 

 

 

 

第1位 ルパン三世 EPISODE:0 ファーストコンタクト

ルパン三世 EPISODE:0 ファーストコンタクト [DVD]

 

やっぱこれかな~!

 

 

どうしてルパンファミリーになったのか

個人個人の背景などがしっかり表現されててまた一つそのキャラクターを好きになれるし、ルパンファミリー全員が好きになれる。

 

まずい要素なし!!

 

 

ルパン三世 EPISODE:0 ファーストコンタクト』(ルパンさんせい エピソードゼロ ファーストコンタクト)は、モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』のTVスペシャルシリーズ第14作。2002年7月26日日本テレビ系の『金曜特別ロードショー』にて放送された。

 

「今、初めて明かされるルパンと次元の出会い!?」

ある夜、次元は女性記者のエリナにルパン三世との出会い、いわゆる「ファーストコンタクト」を語り始めた。 ルパンとその仲間達の出会いが初めてあかされる。次々と起こる事件の中、出会うルパンと次元。その中で友情、裏切りが描かれる。そこにルパンと不二子の初めての出会いも織りまぜ、話は二転三転する。

また、犯人捜査のため、警視庁からニューヨーク市警を訪れた銭形もはじめてルパンと遭遇する。そして、斬鉄剣を求めて五ェ門も登場する。今回のお宝「クラム・オブ・ヘルメス」を追う中で、錯綜する人間関係。

おなじみのメンバーである次元、不二子、五ェ門、銭形警部は一体どのようにして出会ったのか。そして、ルパンと次元はそれぞれ相手の腕前をどう思っているのか、また五ェ門の持っている斬鉄剣の秘密など、ルパンと仲間達の過去が今明らかになる。

 

そして前作『ルパン三世 アルカトラズコネクション』ではゲストヒロインがエピローグにしか登場しなかったが、本作のゲストヒロインもストーリーには直接絡まないものの、進行役の役割を果たしているんですよ。

 

ルパンは知ってるけど他のキャラをよく知らないっていう方には特に見てもらいたいですね!!

 

 

 

もうね全員かっけぇの!

 

 

ルパン「いつか、その帽子を脱がせてみてェんだよ」

 

 

 かっけぇ・・・

 

 

とにかく全員かっこいいねしかもオチがまた卑怯!!

 

 

これが堂々1位のルパン三世TVスペシャルでした。

 

ルパンあまり知らなくてもこれなら過去もわかるしこれからにも興味が沸くかなりいい作品じゃないでしょうか?

 

 

 

 

 

まとめ

本当は全作品紹介したかったんだけど、途中までは面白いのにどうしても最後だれちゃったりする作品とかもあったから本当に面白くて最後まで観れる精鋭達を集めて紹介してみました。

 

今までルパン三世ちょろっと見たことあるけど、そんなに知らない。でもどの作品からみればいいかわからない。

 

ってな人向けに書いてみたつもりだけど、ルパンファンの人たちも楽しめるランキングになってるといいです。

 

※あくまで僕個人のランキングです。

 

 

 

TVシリーズは終わっちゃったけど次もアニメ化されるのを祈ってまーす!!!

 

 

 

ってなわけでしたっけね~!

広告を非表示にする